2011年1月15日 (土)

マナー

昨日も似たような話題になった。

「家の前のバス停でおむつ替えをしていた女性がいた。
女性が汚れたおむつを、自分のバッグに入れようとしたら、
一緒にいたおばあさんが「ここに捨てていけばいい」と言って、
バス停に紙オムツを捨てることを女性に教えた。」

同じ話題が続けて私の耳に入ってきた。これはどういう意味なのか。

このことについて、考えをまとめようと、昨夜、自問自答してたんだけど、
まとまらず。
やっぱり書かなきゃあかんのか。

お仕事ブログに書いてもミクシィに書いても「自分を否定された」と
受け取られる恐れありで、ここに書くしかない。

マナー・・・それは法律のように違反したとしても罰せられることはないけれど、
スムーズにお互いが気持ちよく過ごすためのルールであることは確か。

けど、そこには正邪がある。
正しいも間違いもないということは、このマナーがなくてもいいということ。

人との違いを受け付けること。
けど、実際には迷惑だと感じてしまう。
それにはどう考えを持っていけばいいのか・・・。
私の考え方が間違っているのか?

不快な場面を見るということは、その人自身の中に不快なものを持っているということだ。
他人は鏡である。

400hzの周りには450hzはいなくなる。
不快だと思える人を目にすることがなくなる。

なら、そのままでいいと?声をかけて修正させることは?
その役割を担って(自ら希望して)生まれてきている人がいる。
世の中をよりよくしていこうという目標を持ったライトワーカー。
どの次元で物を考えるかで、行動が変わってくる。
一緒に考えるからややこしくなる。

彼らの考えを尊重すべきだ。

人を裁く人間は、自分も裁いている。
自分の中の悪と思える部分を許せずにいる。

自分を輝かせること。
付き合う人が変わってきただろう?
自分を変えることで、周りも変わっていく。


それぞれが自分に合った次元の地球へ移行していく。
その次元になるかは、その人のゆらぎによる。
3次元にとどまるもよし。5次元に移行するのもよし。


何を信じて、どう行動するかは、すべて人間に委ねられている。
決めるのは自分だ。

そう。確かに不愉快に思うことが極端に減ってきている。
私の周りは?
まだあかん。

灯台になること。
暗闇で船が目安とする灯台に。
明るく輝いて。

変える必要はない。変わっていく。

ボキャブラリーが少ない。
本を読みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

ホ・オポノポノ

棚の上にあるプラスチックのコップを取ろうとした。
ガラスのコップがプラスチックコップの下に重ねて置かれてるのに気付かず、そのまま引き寄せて落とし、ガラスコップが床に落ちガシャン☆
パパだ。
前にも同じ重ね方をしていた。
そのときは、コップの量が多くて片付けるスペースがないからと不満をもらしていた。

あのさー、自分は分かってるやろけど、重なってるのが見えへんのやし、もうちょっと他の人が使うときのことを考えたら?と思ったが、コップを増やしたのは私の責任でもあるわけなので黙って文句を聞いていた。

で、昨日また同じことを。
今度は充分なスペースがあるにもかかわらず。
わざとしてるんかい?
とっさに「なんでこういう置き方するかなぁ」と気分を悪くする自分にビックリした。

まだ人のせいにする自分がいる。

自分が目にする光景や体験は100%自分が引き寄せたものだと分かってたつもりなのに。
まだまだだな、私。


夜、「ホ・オポノポノ」という本をふと読みたくなった。
随分前に買ったのだけど、読まずに放置していた。

そういえば、勇哉が家出をしたとき、瞑想してたら突然「ホ・オポノポノ」の言葉が浮かび「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」の言葉を唱えたことがあったっけ。
あれは不思議な体験だった。
突然、何の脈絡もなしに「ホオポノポノ」が浮かんだから。
本を読んだこともないのに、言葉が正確に出てきたし、穴のあいた壁が塞がっていく映像を見た。


本を読んでいると、「他人の身に起こることも全て自分の責任である」と書かれてある。
唖然・・・。
人のことはその人自身が解決するなり処理すべきことであると思っていたのに。

まぁ、全ての人は繋がっているということと、人の苦しみ悩みが「見える」という現実から、自分の中でクリアすべきものがあるという観点から考えると、一理あるのかもしれん。


自分が100%ハッピーであるなら、目に映るものも全てハッピーな出来事だけになるはずだし。
まだ苦手だと思う人もいる。

やっぱ、しばらく自分のクリアリングを進めていったほうがよさそう。

いろんな観念を手放していったら楽になったし、現実も変わってきた。
自分で世界を創ってる感が実感できる。
不満に思うことも腹を立てることもなくなった。
自分をゼロにしたらどうなるのか試してみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

願いが叶った2人

実家に引越ししてきたとき、光ファイバーが2階につながれていた。
2階にはパパのPCがあったが、パパから
「ワシ、PCよぉ使いこなせへんし、もういらんわ。」みたいな
ことを聞いたので、じゃー、直接3階に引きなおそうと、
配線工事を依頼した。

うち、各階の間に鉄板が入っていて、無線が飛ばない。
なので、2階から有線で伸ばそうにも、引き戸じゃないから
壁に穴をあける必要がある。
家を傷つけたくなさそうなので、光ファイバーを3階に引くことにしたというわけ。

2年経ち、パパが「ワシのPC使えへんやんか!」と
文句を言い出した(苦笑)
「勝手にした」ということで、「元の状態に戻せ」と言い張る。
NTTの配線業者に来てもらって、壁の中の電話の配管を通じて
3階から2階に伸ばすことはできないか相談してみた。

パパの部屋までは無理のようで、同じ2階のキッチン(そこに電話の本体がある)
までだったら大丈夫とのこと。
そこから無線で飛ばせばよいと。
工事費と無線LANとで、3~4万はかかりそうだな。

パパのPCは98SE。
私の古いのをまだ置いてるので、それをパパにあげようと思っていた。

数ヶ月経ち。

先日、「プロバイダー料金を安くしませんか?」と電話がかかってきて。
その電話をとったのはパパ。
さっぱり意味が分からなかったので、私にかけなおさせた。

で、昨日のこと。
業者となんやかんやと話を聞いていくうちに、
PCとセットのキャンペーンをしているとのこと。
PCは15インチのノートパソコンで、キーボードも大きいらしい。
メーカーは、確か数年前、日本から撤退したと聞いたところ。
修理のことを聞いたら、その業者に言ってもいいし、電機屋さんでも
してくれると。
ふーん。そんなもんか。メーカーに持っていかなきゃと思ってた。

で、料金が格安。
パパに言うと、「ぜひ、PCセットのにしてくれ。」と。
無線LANだと、持ち運びもできるしね。
こたつに入りながらできるし。

私も今のがぶっ壊れる前にどうにかしたい。
IEの立ち上げが恐ろしく遅い。
&バックアップ用の外付けハードディスクの電源を入れたら
PC本体の電源が落ちる。
おかしくなってから、内部を掃除したんやけど。
PCのことはよく分からないので、何が原因なのかさっぱり。

そういえば・・・妹もPCを欲しがってたなぁと思い出し。
パパが以前「ワシのをやる。」と言ってたけど、
内心、98なんて、今時使えへんもんをあげてもなぁと思っていた。
言わなかったけど。

「妹んとこにも電話してみて。」と業者にお願いしておいた。
妹もこれでPCが持てる。
以前からの願いが1つ叶った。

2人の願いが叶うので、おやおやおや?という感じ。

べっかむのサッカーの練習日も、べっかむ父との逢瀬の
邪魔をしない時間帯だったし(1年のときは)。

なんとなく、うまく進んでる?

後は、自分の仕事面の1つの不安感をどうにかして手放したい。
どんな観念が邪魔してるんだかじっくり考えねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

この花なぁに?

べっかむがべそをかきながら帰ってきた。
理由を聞くと、学校からの帰り道に制作物を落としてきたとか。
持っていった紙袋が破れて、手で持ちきれない量で。

一緒に取りにいった。
べっかむは「ヒミツの道」へ誘導してくれて(笑)
私が教えなくとも、一緒に帰る上級生から教わるんだな。
「ヒミツの道」は細い路地で、建物の裏の砂利道。

そこに、大きな木が植わっていて、
ピンクの一重の花がたくさん咲いていた。

色は桜のような薄いピンク。5枚の花びら。

これ、何の花だろうとふと思った瞬間、
「きょうちくとう」の名前が出てきた。
きょうちくとう?見たことない花なのになぜわかる???

家に帰って検索すると、確かにこの花!
夾竹桃は八重咲きのもあるようだけど、私が見たのは
一重咲きで、画像で見るよりもっと薄い色。
けど、この葉っぱだわ。

なんか、久々の不思議体験。
上の私とつながったので、今後はもっといろんなことが起こるかも。

今日も、突然の電話があって、仕事の上で大きく展開しそうな予感。
昨日、仕事のことで、ある程度ふっきれた部分があって。
こういう条件ならいいかなと思ったことにピッタリ当てはまる。
これが引き寄せってことなのかもなー。

楽●はもうやめることにした。
サイトを作るのが苦手で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

与える愛

どうも私は「愛を与えていない」ということに気づいた。
「好きなようにしなはれ」は「私は関知しない」ということであり、
逆に言えば、「自業自得やん」だったりする。
ものすごく人に厳しい。

なんでパパのことを、そのまま受け入れられないのか。
他の人は受け入れられるのに。
「親だからこのぐらい思って当然。」とか
「大人なんだし、甘えるな」とか
そういう気持ちが私の中にある。

「甘えたい」「愛されたい」「聞いてほしい」と思うことは
悪いことではなく、ただ、愛する人がいて、愛される人がいるということ。

友達から相談を多く受ける人は、愛することができる人。
で、私の周りにいる人、私に寄ってくる人は、
すべて「自立している人」。
愛してほしいと望む人は、私から愛をもらえないので、こない。

そういうことなんやなぁ。

こないだも年上の生徒さんから「親に感謝すること」を
こんこんと説教された(笑)
いや、説教じゃないんだが、耳のいたい話であったことは確か。

私の次のキーパーソンは「パパ」だ。
どう気持ちを切り替えたらいいか。
どの観念を手放したらいいか。

基本、人は「自業自得」なんだけど。
いいことも悪いことも含めて、自分に跳ね返ってくる。

んーーー・・・まぁ、循環だな。
愛して愛されて。
「愛して」がなければ「愛されて」もないわ。

あー、この話もこないだ生徒さんから聞かされた。

うーーーん・・・。

とりあえず・・・オープニング・ザ・ハートを聞くことにする。

目指せ!「与える愛&無償の愛」
今気づいたのだが、15年前からこれを目標としていたのに、
いまだ達成できず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

ジュネさんの潜在意識解読 覚書

スカイプを利用して、ジュネさんに解読をしてもらった。

---------------------------------------------------

ブーケショップの実店舗を持つことは、潜在意識に入っている。

大通りになるにあたって、立ち退きのエネルギーはきてないよ。移動はあるかも。

 
 
考えていたブーケショップの名前をいくつか出して、
私のエネルギーに合うのを2つ教えてもらった。
第1候補にしていたのが入っていた。長い名前は覚えてもらいにくいしね~。

 

やっぱりラッキーカラーは青。青系統ならOKだそう。
「白」とはどういうものか?白の定義。どういうイメージがあるか。
イメージを膨らませていく。

ガイド、ハイヤーセルフからのメッセージ
直感を信じて。
イメージトレーニングをする。→できると思うこと。大変だと思わないこと。
イメージ力、具体的なビジョンを描いて、手放す。
疲れているときは、身体や精神をいたわって休んでください。

 
才能が認められて、パリ、ヨーロッパやアメリカ(?)へ行くみたい。

---------------------------------------------------

 

まことに「へーーーーーっ!」て感じだけど。
今の私にはおフランス行きは想像できない。
行けたら現地で素敵なリボンを買いだめしてきたいけど(笑)

白は・・・すべての色を含んでいて、
そして、すべての色に染まる。

 

ブーケの実店舗に関しては・・・
ヘミシンクを利用して、丘の上にあったPCに願望を打ち込んだが、
あれがうまくいったのかもしれん。
他にも見取り図を描いたりもしたし。
確か、見取り図を描いた日に聞いたヘミシンクで、願望入力機に案内されたんだった。

で、直感て何なのか、実はまだよく分かっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

めちゃ賢い!

夜、べっかむを連れて買い物に行った。

お買い物合計価格1,476円に対し、2,006円を支払った。
べっかむが「難しい!えーっと・・・」と計算しだした。

レジのおばさんは、べっかむが計算してるのを知って、
おつりの金額を口に出さず、そっと領収書と共に渡してくれた。
こういう心遣いしてくれる人って素敵だなーと思う。
 
 
しばらくして、「530円!」と答えを出した。
レシートを見せると「当たった!」と嬉しそう。

小学1年生で、まだ算数の計算も何も学校で勉強していないのに、
なんてすごい子なんやろ~。

ちなみに。
私、こないだ100円×60人=60,000円で計算してしまって、
もう少しで大勢の人におバカがばれるところだった(汗)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

離れていても飛んでくる(笑)

ママが誰かから「生霊がついている」風なことを言われたらしい。
生霊というか、たぶん、パパの恨みの念みたいなもの。
「だから、なるべくそっちの家には行かないようにしようと思うの。」
 
 
・・・・違うんよなー。
近寄っていないのに、なぜ今、マイナスエネルギーが
ママにくっついているかってことを考えようとしない。
マイナスエネルギーを引き寄せる(受け入れる)原因がママにあるということ。
そして、お金はエネルギーで、パパからお金を受け取っている以上、
離れていても、パパのエネルギーは毎月一度はそっちに行く(笑)
距離の問題じゃないんよなぁ。
 
 
お金、感謝して受け取ってる?
「ありがたいと思ってるよ。でも、法律で決まっていることだから。」
口だけで感謝と言っても、本心から思っていなければ意味がない。
当然だと思ったらあかんよ。
その場所に住んでいないのに、何もしないで家賃としてお金をもらえる。
それは、現代の日本の法律が勝手に決めたこと。
エネルギーに法律は関係ないよ(笑)
 
 
「くっそー。なんでワシがやらんならんねん」
「へへ。ざまーみろ。」
ここまでひどくはないにしても、こんな気持ちが二人の間にあったら、
そりゃーマイナスがマイナスを呼ぶわな。
 
 
マイナスエネルギーをかわす方法は私も知らない。
ジュネさんは「受け取らなければいいのよ」と言うけれど、方法が分からない。
だから、せめて、もらったお金を心から感謝して受け取ること。
たぶん、それでプラスマイナス0になるはずだ。
 

 
起こるできごとをネガティブにとらえるのではなく、
「このできごとはどんな意味があるんだろう。」
ととらえることで未来が変わるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

7歳のお誕生日おめでとう!

生まれて7年経った。
早いような短いような・・・。
赤ちゃん時代は遠い過去。
 
 
身長 119.5cm
体重 18.8kg
足のサイズ 18.5cm

いたって健康で、性格は明るく。
いまだに、おっぱい大好き。
昨夜は、私のおっぱいを見ながら「おっぱいちゃんおやすみ」まで
言う始末(爆) 
「連絡帳に書いておこ」と脅すのだが、効果がない。

せっかくべっかむのベッドを用意したというのに、
「寂しい」と、いまだに私のベッドで一緒に寝ている。
自分のベッドで寝るのは、2年生になってからだそうだ(笑)

S320dscf9924
  
 
昨日、給食を食べて2時頃に帰ってきたべっかむと
ケーキ屋さんへ行ってきた。
べっかむが選んだのはアップルパイ。
フルーツいっぱいのカラフルなタルトもあったのに、
見た目より実を取るタイプかな。

去年だったか、おととしだったか、生クリームたっぷりのクレープを
食べて以来、べっかむは生クリームを嫌がるようになった。
たぶん、バター系か何かが混ざってるタイプで、
たくさん食べて気分が悪くなったのだと思う。
上質のクリームが少し乗ってるケーキって美味しいんだけどなー。
そのうちきっかけがあれば気づいてくれるだろう。

アップルパイだけだと寂しいので、トッピングにいちごと、
砂糖菓子のパンダを2個買った。
パンダは、勇哉と取り合いになるだろうと予想して、2個(笑)

 
夕飯はお決まりの手巻き寿司。
「わし、後3日で死ぬから・・・」と数日前、体調が悪かったパパも
結構な量を食べてくれたので、よかったよかった。

しばらくお酒を飲んでたようだから、きっと肝臓が悪かったんだと
思うんだけどなぁ。
いい加減、どんな行動をしたらどうなるかを覚えてくれたらいいのだが。
「もう死にたい」と言うわりには、ピーピー言う。
本気で死にたいならどうなってもかまわないと思うのだが。
本当は死にたいと思っていないことに気づいていない。
かまってほしさに言う言葉だと、うすうす分かっている。
分かっていればやってあげればいいのに、私も意固地なもんで。
相手をひとりの完成された大人として見てしまうから、
つい、依存心に気づかないふりをしてしまう。

後、10年は生きるっぽいので、なんとか、寝たきりにならずに
生きていってほしい。
できれば、楽しみ事を見つけて。
寝たきりになったらパパもつまらんやろし、
働き手がいなくなったら、うちの家、終わるよ?
 
 
我が家は、お小遣い制にしている。
毎月、決まった金額を渡してやりくりさせる。
金額は、小学生の間は、年齢×100円。

4月1日に渡していたら600円なのだが、
お誕生日まで待って700円になってから渡した。
お小遣いは1ヶ月に1度だけということが分かっていなかったようで、
なにやら不満をもらしている。

お小遣いは、大人から見て「しょーもないもの」を買うお金。
&お金の使い方の練習のため。
勇哉も何回か失敗を繰り返して「貯める」ということに気づいた。
先日、妹がこっそり勇哉の貯金箱を覗いたら、
なんと、16万も入っていたようだ。
どうやって貯めたんやろ・・・。
 
毎日100円渡している家庭もあるようだが、
そうすると、1ヶ月に3000円にもなってしまう。
3000円のお小遣いは、我が家では中学生に相当するので却下だ。

必要なものは、お小遣い以外にきちんと渡すし、
買い物についてきたときのお菓子は親が払うので、
700円は妥当な金額だと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

登下校

べっかむの入学式翌日の通学時、集団登校ではないので、
近所の4年生の女の子に頼んだ。
約束通り、7時50分出発。
「そんな早くいかんでも~~~」←私の心の声。
 
学校までは、ドアtoドアで10分ぐらい。
ありがたいことに、うちは学校までの道筋が単純だし、入学式のとき1発で覚えた。
仮に覚えてなくても、大勢の子が通学路を歩いているから迷子になることはない。
本当は2日連れていってもらう予定をしてたんだけど、1日だけにしてもらった(笑)
8時に出発しても、早歩きしたら予鈴がなるまでに3往復できるで?
 
  
昨日と今日は8時に出発した。
朝、途中まで行ったべっかむが「忘れ物した」と戻ってきた。
玄関に手提げバッグを置き忘れたまま。
忘れ物のことを、よく思い出したもんだと感心。

 
  

入学してしばらくは、下校時に先生が付き添う。
児童180人が5つのグループに分かれる。
うち1つは、学校の向かいにある学童だけど。
1つのグループでも、途中で分かれてしまうので、それぞれに先生がつく。
いったい、最初は何人の先生が一緒やったんやろ~?

 
下校時の様子が見たくて、帰ってくるのを表で待っていた。
勇哉のときはお勤めをしてたのと、学童行きだったから見たことがなくて。
向こうの方からやってくる集団・・・まるで遠足のようだった(笑)

うちの家は東の端になるのかな?
べっかむともうひとりの男の子ふたりだけだった。
それに引率の先生がひとり。

 
夕方、担任の先生が訪ねてきた。
へ???
「忘れ物です」と手提げ袋を持ってきてくれた。
中にはペットボトルに入れたお茶が2本。

朝に勇哉とべっかむと1本ずつ用意しておいたのに、
2本とも持っていってしまって。
おかげで勇哉はお茶を買うはめになった。もう。


忘れ物のバッグは、どこに置いたのか忘れてしまったらしい(爆)
しばらくは、おとぼけが続くんかな~。
 

学校にお茶を持っていけるのは、学童に行く子だけらしい。
「じゃ、のどが渇いたら何を飲んだらいいの?って先生に聞いてみた?」と
べっかむに尋ねたら、その質問は思いつかなかったと。
私は水道の水でもぜんぜんかまわんが。
先生、お茶を持ってきてくれたときに、言うてくれたらよかったのにー。
こういうことを連絡帳に書いて尋ねたらいいんだな。
連絡帳なんて、たぶん1年間使うことはないだろうと思ってたんだが。

 

親としても忘れ物をしそうで、べっかむの来週の予定表に書き加えた。
「給食袋、ナフキン、おはし、ハンカチ」
慣れるまでは大変だ。
ま、忘れたところで、本当に困ったことにはならんと、前にすずらんさんが
書いていたし。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

小学校入学式

入学式の今日、とてもいいお天気だった。
小学校の校庭には桜が満開。

S320dscf9855

いい笑顔。今日から小学1年生♪

で、教室はこんな。

S320dscf9860

S320dscf9861

S320dscf9862

まるで、保育園のような・・・。

他のクラスもまったく同じ飾りつけがしてある。
まさか先生が作るわけじゃないやろし。
こういう業者がいるんやろか???

椅子と机の高さが合っていなくて。
書きにくそー。

S320dscf9859

同じ保育園から9人が行ったのだが、みんなバラバラ。
偶然、隣の席は同じ保育園の出。
1クラス30人で、1年生は6クラスもあるマンモス校。
どうも、この地域は人気があるみたいで、引越ししてくる人が多いと聞いた。
地下鉄が来て便利になったからかなぁ?

勇哉も大学に入学したし、今日はお祝いだな。
手巻き寿司にしとこ。

後は・・・べっかむの部屋作りだ。
このままだと、ランドセルを置くところさえない。
てか、ランドセル、どこ行った?
今日中にさがさねば・・・(汗)
もらってきた教科書、どこに片付けよう。
しばらくは紙袋から出し入れするしかないな。
全部持たせてもいいかもしれん(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

卒園式

今日は卒園式だった。

歌で泣きじゃくる子供が2人。
こんなに幼い子なのに、感受性豊かなんやなぁ。

「たいせつなともだち」の歌。
     ↑
 幼稚園バージョン

こんな歌あったんやー。
メロディが・・・ これは、泣かそうとする歌だ(笑)
先生は泣くわ、保護者は泣くわ、子供ももらい泣きするわ。

うん。 なかなか、よい式だった。

謝恩会も無事に過ぎ・・・

園長じきじきに謝罪の言葉をいただいたが。
あの園に対する要望だとか意見てのは、私が代表で言っただけで、
年長組みの保護者全体の意見なのだが。
どうも、分かってもらえていないようだ。

家に帰ってから、「もう制服いらないし、捨ててもいいよ。」


S320dscf9755

制服 in 京都市の燃えるゴミ用ごみ袋

「脱ぎ捨てるってこういうことやで。」

・・・・間違ったことを教えたかもしれない(爆)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近

洗い立てのジーパンがゆるゆる。
なんか、ポッコリお腹がマシになってきたなぁ。
顔も、以前よりほっそりしてきた。

と、半年ぶりぐらいに体重計に乗ってみた。
予想していた数字より重かったものの・・・

若かりし頃の5キロ増てとこ。
今の年齢からすれば、ま、こんなもんでしょ。


特にダイエットはしていない。
神経病んでるだけ(涙)

あ、あれと同じだな。
産むか産まないか真剣に悩んだ3日で落ちた2.5キロ。


病気になる前に結論ださなきゃなぁ。
どう動くか・・・。

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

子宮頚管ポリープ

念願かなって(?)ようやく婦人科を受診してきた。
お正月に発見してから2ヶ月経ってた。
ネットで探して、わりと近くなのと駐車場があること、
HPの雰囲気がよかったことなどから御室にあるその婦人科の診療所を選んだ。
やっぱり、産婦人科はねぇ。
病気であることが分かっているのに、妊娠して嬉しい気持ちいっぱいの女性の中には
居づらいような気がして。

「大きいわね。1年やそこらではこんなに大きくならないわ。
何年も婦人科に行ってませんね。年齢的に1年に1度受診してください。」
と、言われた(笑)

「ポリープができている人は、子宮の中にもできやすいから」と
エコーで診てもらったけど、子宮内は問題ないとのこと。
卵巣もきれいだった。
ポリープの大きさは小指半分ぐらいだったかなぁ。
自分で触れたときには、もっと大きいように思えたのに。

細胞検査の結果をまた来週聞きにいく。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

卒業おめでとう!

S320dscf94982

勇哉に内緒でUP(笑)
だって、嬉しかったんやもん。嫌がらなかったし。
べっかむとじゃれてる様子を撮ろうとしても、絶対に撮らせてくれへんかった。
こうして2人で写真を撮るのなんて、最初で最後かもしれん。

 

卒業式を終えて、教室に入って、最後のホームルーム。
一人ずつ、高校の思い出をしゃべったり、気持ちを伝えたり。

勇哉が教壇に立ったとき、まるで先生のようだと感じた。
下を向いたり、もじもじしたりしながら喋る子が多い中、
勇哉は堂々としていて、大きな通る声で、ゆっくりと見回しながら。
最後はジョークまで(しょーもなかったけどw)言う余裕があったり。

家では見られない勇哉を見て、ちょっと感動。
小さい頃はひょうきんな子だった。
優しいところもあり、学校でも人気者だった。
家庭では、いつのまにか、その面白い部分が見られなくなったので
残念に思っていたけど、友達の間ではまだ健在だったわけだ。

 
勇哉は友達の前で私と目を合わせようとしない。
そういうお年頃なのだと思うけど。
だから余計にこの写真を撮らせてくれたときは嬉しかった。
ちゃんとカメラの方を向いてくれたし。
 
 
べっかむもそうだけど、今のこの時間というのは、
二度と帰ってこない。
家族との時間をもっともっと大切にしたい。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

覚え書き

「妹の潜在意識に結婚は入っているか」⇒NO

残念。誰かいい人が現れて、妹の面倒をみてくれないか期待してたのだが。

 

「ブーケの販売は入っているか」⇒YES。ただ、弱い。

 

「ビジネスパートナーは」⇒NO

 

「ネットショップを2つ持つことは」⇒「入り口を増やすことはいいことだ」と言っている。

・・・誰が言ってるんだろ??

 

「カルチャーセンターのようなところで講座を開くことは」⇒YES

 

「働きに出ることは」⇒じょじょにお花の方の割合を増やしていけばいい

 

毎日じゃないけど、どこか外で働くことにする。
勇哉の学費が・・・アップアップで溺れそうだし(笑)
今の仕事にプラスになることか、もしくは好きな仕事を見つける!
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

若返りの秘法

S320img_54692 S3202img_54692

 

ほうれい線を薄くして、一部消してみた。

こうやって見比べると、やっぱ左は40代よねぇ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

潜在意識の解読

久しぶりの解読。30分なんてあっというま。
いろんなこと聞いたからな。

仕事のことは、イメージすることが大切だと。
ビジネスパートナーが必要。

勇哉に向いている職業は、衣食住の延長線上にあるもの。
なんでもいいってことだ。
大学には「どこかに行きそうよ」とのこと。
確かに、どこかには行くだろう(苦笑)
本人も「どこでもいいし」と言ってるし。

今の私のオーラは、右が緑で左が青。頭の上は青に白が混じっている。
青がベースみたい。
だから、白って何よ???

パパのことも聞いてみた。最近調子悪いみたいだし、そろそろお迎えなのかな?と。
まだ大丈夫とのこと。家の前が大通りになるまでは生きられそうな感じ。

私の結婚のスイッチは入っていない。恋愛は入っている。
どうも、最初から結婚は入っていないようで・・・(汗)
すまぬ。2人の旦那。私の方に原因があったようだ。
べっかむ父の結婚スイッチは入っているとのこと。
結婚しないで家族を追及しようとすると、今の形態になるのかもしれんな。
一応、今生のテーマは「家族」なもんで。

べっかむ父と前世で一緒に生きた回数は3回。
アトランティス、ムー、日本。
で、日本のときに師弟関係。

コノハナサクヤヒメのエネルギーを持ったものと特に関係はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

久しぶりのヘミシンク

一昨日は久しぶりに「インサイト」を聞いた。
ふと気づくと身体が振動していたけど、すぐに収束。

最近落ち込み気味なので、昨日はヘミシンクの「オープニング・ザ・ハート」を聞いてみた。
途中何度もクリックアウトしてしまったのだが、何か重要なことを聞いたような・・・。
覚えていないのが残念。

しばらくヘミシンクを聞き続けてみよう。
いつのまにか、まるの日さんがヘミシンクを販売されていたので、
2009年に出た新しいCDを注文してしまった。
CDにまるの日さんのサインをお願いした(笑)
ガイドのイラストと一言メッセージ付きなので、届くのが楽しみ♪
私のガイド、やっぱりさらさらロングヘアのきれいな女性なのかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木)

金星へのパスポート

金星探査機「あかつき」の記念乗車証をもらった。

S320cert_v30007842  

 

 

 

 

申し込みはこちら。

 宇宙航空研究開発機構

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

うそつきっ!

年報で「年末は多少ペースダウンして、ゆったり過ごせそうですが」とあったが、
ずっとずっとせんならんことがあるやん!
大掃除なんていつするの?状態。
今年も大掃除はなしだな。というか、普通の掃除さえしないと思う。
普段と同じ、掃除機かけるぐらい?
私の部屋なんて、何ヶ月掃除機かけてないだろう。
ほこりが溜まってきたら、ほうきとちりとりでササッと取るぐらい。
だって、掃除機かけるスペースがないんだもの。
衣替えもまだしていない状態で・・・。

ペースダウンする年末って、31日のことかよ?
大晦日と元旦だけはまったく何もせず、1日寝て過ごしたい。

洛星中学のクリスマスタブローに連れていってやろうと思ってたけど、
そんな時間があれば年賀状を作らなくちゃ。
今日は発送準備に追われて夕飯が作れなかったし、明日も夕飯はパスしたい。
食べなくても生きていけたらなぁ。

久しぶりに風邪をひいて体調いまいち。うーん。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

東京土産

アクセスカウンターが「059999」だった。
おおっ!と思ったので「更新」して、自分で「060000」を踏んだ。
嬉しいような、もったいなかったような(笑)

日帰りで東京へ行ってきた。
勇哉の希望のお土産は、生八つ橋(笑)
京都駅に着いてから買った。
生八つ橋なんて、スーパーで売ってるだろ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

ガラスを割った

昨日の夕飯時のこと。
勇哉の言葉に腹を立てたべっかむが、食べ終える前に部屋から出ていった。
腹立ちまぎれにドアをバンッ!と閉め、さらに足で蹴った。
「バリン★」
うちの家のドアにはガラスが格子状に入っていて、そのガラスを蹴ったわけ。

靴下を脱いだら足の裏から血が出ていた。
「けらへんかったらよかった」
後悔したようだ。

後始末は家族総出。
べっかむも何かを感じてくれてるだろう。
大きな怪我にならなかったのは不幸中の幸い。
靴下を履いてたのがよかった。

またガラス屋さん呼ばななぁ。
さすがに家の中のもんじゃ、保険はきかんよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

就学前検診

先日インフルエンザで受けられなかった検診。
今朝、小学校に行って「ここの医者を回ってこい」指示書をもらい、内科、歯科、眼科、耳鼻科と4つの診療所めぐりをしてきた。
あらかじめ学校から連絡を入れてもらってたおかげで、待ち時間なしで受診できたので、1時間ちょっとで学校に戻れた。
これなら小学校で集団検診受けるときより短いかもしれん。

結果は何も問題なし。
たまに呼んでるのに返事をしないときがあって、耳が悪いんちゃうやろかと思ってたけど、単に意識がこちらに向かなかったのか、無視してたのだと判明(笑)

次は来年2月に半日入学がある。
小学校の先生て、どんな感じなんやろ~。
高校の先生ほどフランクやないやろなー。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

新型インフルエンザ

先週金曜日、午前中から熱が出てきたべっかむ。
金曜日は、午後から就学前検診で、小学校に行く予定だったので、保育園を休ませた。

保育園では新型が流行っている。普段、風邪もひかないし熱も出さないべっかむ。突然の熱に、これはインフルエンザだなと感じた。
小学校に欠席の連絡をすると、「今日、欠席された方は、面倒ですが・・・各医院(眼科、耳鼻科、内科など)をまわってもらって、学校で面談を受けるという形になります。」と言われた。
とほほ。なんちゅーめんどくさいことをせんならんねん。

インフルエンザウィルスは熱が出てから12時間経たないと検出されないこともある。
なので、翌日の午前中まで待って小児科に連れていった。

べっかむの熱は、金曜日午後の38.8度がピークで、徐々に下がっていき、土曜日、小児科へ連れていった頃は37.7度。
新型は軽いと聞いていたが、本当だな。
もしかすると、夜に飲ませた「インナーコントロール」が効いたのかもしれない。
小児科から「解熱剤か何かを飲ませましたか?」と聞かれたから。
「インナーコントロール」を飲んでいたママは、別のインフルエンザのときに、熱が37度台のままで、インフルエンザだと気づかないまま過ごして、他の人にうつしまくっていた(笑)

日曜、月曜と平熱のまま家で過ごし、今日から登園開始。
熱の他になんの症状も出なかった。

 
代わりに、昨日から勇哉がダウン(笑)
38度の熱が出てたから、インフルエンザかな~?と思ったけど、その前に鼻水やらセキをしていたし、違うかも。
今朝の体温を聞いたら、35.8度と平熱に戻っていた。普通の人より平熱が0.5度低い。
学校に聞いたところ、「子供はよくかかっているが、教師はほとんどうつっていない。大人はなりにくいタイプなのでは?」と養護の先生が言っていた。
んー・・・でも、私の友達もかかったしなぁ。
やっぱ、どの位置のチャクラで生きているかによって、うつったりうつらなかったりするのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

ホ・オポノポノ

昨夜、家出をした勇哉。
今朝戻ってたけど。

いろいろ考えて、友達にも諭されて。
謝りました。夕飯時に。

私に足りないのは「感謝の心」だなぁ。
感謝してる風に装ってるけど、「当たり前」だと思っている。
だから、こういう現実が起こったわけだな。

昨夜、勇哉が家出をしたと気づいてから、
勇哉の心を知りたく思った。
突然、壁に穴が開いている情景が心に浮かんだ。
白っぽい壁の真ん中に、向こう側から穴が開いていて、
溶岩が流れてきてるような、アメーバーがにゅっと
こちらに出てきてるような、そんな気持ち悪いイメージ。
と同時に、「ホ・オポノポノ」の言葉が思い浮かんだ。
「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛してます」
穴の開いた壁、これは勇哉の心だ。
4つの言葉を何度も繰り返していくと、壁は徐々にふさがった。

「ホ・オポノポノ」の本は一度も読んだことはないが、
この言葉、強力かもしれない。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年11月18日 (水)

家出計画

◆ネガティブエネルギーを受けたくない方は
本日の日記は読まないでください。

て書くと、怖いもの見たさで読みたくなるだろうなぁ。

久しぶりに喧嘩した。
原因は食事の内容について。

夕食を作る気にならなくて。
時間がきたから、あわてて台所へ降りた。
冷蔵庫を適当にあさって、お鍋にした。
ご飯が炊けてなかったから、ご飯のかわりに半田そうめんを利用した。
半田そうめんはそうめんという名前がついているけど、
かなりコシの強い麺なので、うどんの代わりとして。

ところが。
半田そうめんがかなり不評で。
パパが「3玉も使ったん!?こんなのに使うには勿体無い」と不服そう。
勇哉は「あわへんな」と。
だって、ご飯がなかったんだから、これでいいやん?
そこからドンパチが始まった。
勇哉、パパの考え方と私の考えが合わない。
私がもっと早くにご飯を炊けばよかったらしい。
きっと半田そうめんを使わずに、スーパーでうどんを買ってくれば
こんな騒動は起こらなかっただろう。
半田そうめん、値段は高いかもしれんが、
けちくさいこと言うなよー。

私の何がこの状況を引き寄せたんやろう。
中庸であれということか?
それとも、家事をしないことに対して罪悪感があったから?
心のもやもやが晴れない。
こんな調子じゃインフルエンザになるわ(笑)

腹たつので、これからご飯は作らない宣言をしようと思って、
勇哉のところへ半月分の食費を持っていった。
勇哉はいなかった。どこ行ったんだろう。
夜に出歩くことなんてなかったのに。
パパの部屋へ行き、預かってる食費の残りを全部返してきた。
お互いに食事は別々にして、好きなものを好きに食べようと。

パパは私たちの食費を負担せずにすむし、
私も夕食を作らない心苦しさから開放される・・・かどうか(苦笑)

私なりに工夫して夕飯をこしらえたのに、そういう言い方は
ないんじゃないかと、きっと私のプライドがむちゃ傷ついたんだわ。
今の気持ちはこうだ。
「出て行ってやる!」

勇哉が高校を卒業したら、私も家を出ようかな。
勇哉がどこで住もうと構わない。

布団の中でべっかむにも宣言した。
「お母さん、ご飯は作りたいときに作るし。作りたくないときは
お弁当を買ってくるしね。」←いつものことだが。
よく分かっていないべっかむは、私が死ぬかもしれないことを恐れて
(インフルエンザで死ぬかもと脅したからw)
泣きじゃくりながら「うん、わかった」と言っていた。
気の毒に(笑)

あー、しばらく停滞しそうだ。
せっかくジュネさんから「オーラは、黄色と緑と(頭の上に)白もあるよ」と
言われたのに。
きっと今は白いオーラがずず黒くなっているはず。
あーーーーー!!ムカツク!!!

先日の四柱推命&手相&占星術の鑑定では、
「外で仕事をしろ」と出た。
やっぱ、そうすべきなのかもなー。

「おかあさん、大学に行くために貯めたお金で
マンション借りるから、もう大学に行かずに働いて。
そうか、行きたいなら自力で行ってね。」と
出ていこうかと思案中。マジで。

でも・・・本来はこれで当然やったわけで。
食費は別々に。
今まで甘えていた私も悪かった。
食費を出してやってるんだから、作ってくれて当然という
意識になるのもよく分かる。
うん、これでよかったんや。

自室に引いた電話代は自分で払ってるけど、
携帯やPCの通信料はパパが払っている。
光熱費もすべて。
・・・・やっぱ、別に暮らしたほうがいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上の空で運転

先日、講師料をいただいたとき、印鑑を持っていなかった。
そのときに言われたこと。
「印鑑を持ち歩いたら?領収書と収入印紙も。収入印紙が必要ってことは、3万以上になるわけだから・・・」
そんな発想したことなかったわ。
いいことを聞いた。なるほど。今度から領収書セットを持ち歩くことにしよう(笑)

夜、車で妹宅へべっかむを迎えにいくとき、今回のイベントについて色々と考えていた。
依頼があれば出張も可能だなぁとか。
領収書セットを生かせるときがくるかもとワクワクした。

で、ふと現実に還ると・・・自分がどこを走ってるのかわからない(爆)
こんなことは初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

結婚するなら

先日の同窓会で、なにげに狙われたから書いておこ(笑)

・子供の面倒を見てくれる
・家事をしてくれる
・私が家事をしなくても不満に思わない
・批判しない
・私に変われと要求しない
・私のすべてをそのまま受け入れてくれる
・私のしていることを応援してくれる
・家にお金をいれてくれる

こういう人が現れたら、結婚してもいいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

算数がお得意

迎えにいったとき、明日は遠足の日だと保育園から聞いて(←忘れてるし)
べっかむと生協せんへ買い物に行った。
帰りに、クリスマスケーキとお節の注文受付をしていたので、
その場で目についたものを注文してきた。

クリスマスケーキは、現物が展示されていたので、
べっかむの好みのホールケーキを1つ。
お節は・・・あれほどどれにしようか迷っていたのに、
あっさりと3人前いりの、生協オススメのものにした。
うち、4人いるしなぁと悩んでたけど、
よく考えたら、私が食べなければすむことやん?と、
かんたんに決まった(笑)
食べることに欲がないと、こういうときに楽かも。

勇哉は「おせちに1万出すなら、おすしを買ったほうがおいしいのに!」と
不満を漏らす。
そうかもしれんが、正月にはおせちを食べるもんなんや。
昔からそう決まってるねん(笑)
べっかむにもおせちのある正月を体験させてやりたいし。

今日のビックリネタは、べっかむの計算力。
ケーキ2500円とお節9800円を足して12300円だと!
二桁から三桁へ変わる計算ができるなんて、すっごいやん!

車の中で計算の方法を聞いたら、
2000+9000=11000
800=500+300
500+500=1000
11000+300+1000=12300
とまぁ、小難しいやり方で計算して。
よくそんなに頭回るもんやなぁ。

2500円のうちの200円を9800円にもってきたら
1万円になるっていう楽な方法を口で伝えたら
「わからん」とあっさり言われた。
説明の仕方って難しい(涙)

夜中まで友達と電話でしゃべって、小腹がすいたもんだから台所へいって
冷蔵庫を開けた。
明日のお弁当にしようとおもっている食材を見て
「あ、明日お弁当つくらなあかんかったんや!」とびっくりした(笑)
すっかり忘れていたから、台所にいって正解。(←どんだけ忘れてるねん)

明日の朝、弁当作りを忘れていませんように。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

中学の同窓会

26年ぶりの同窓会をした。
ものすごい盛り上がりにびっくり。
みんな喜んでくれて、やってよかった。

2次会はカラオケに場所を移しておしゃべり三昧。

3次会は鉄板焼き屋さんで。
このあたりになると、エロ話がでてくる(笑)
最後の人は4時までいたらしいが、私は3時が限界。

反省点。
大皿で出てくる料理の量は人数分いらない。
みんなしゃべるのに夢中で食べない。
一生懸命料理を用意してくれたお店に申し訳ないと思う。

次回は5年後でいいかなと思っていたのだが、
これは声をかけていない人から恨まれるで~と考えて、
半年後に再度、同窓会を企画することにした。
今度は同窓会屋さんにお願いして、全員に連絡を取ることにする。
料理の内容が落ちたってかまわん。
しゃべることが目的だから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«入学通知書